ロゴ
HOME>オススメ情報>四国八十八ヶ所を巡るなら安心できるツアーがベスト

四国八十八ヶ所を巡るなら安心できるツアーがベスト

女性

無理なく参加できる

現在、四国八十八ヶ所を巡ることで煩悩が消え、願いが叶うなどのパワースポットとしてお遍路ツアーが組まれています。徒歩での巡拝も可能ですが、最近では、タクシーやバス遍路もあって、無理なく参加したい高齢者目線で組まれていますが、初心者向きでもあります。1450キロを巡拝する四国八十八ヶ所は、可能な限り、徒歩で参加するものの、旅行代理店を含む業者では、小回りが利くプランを提案しています。門前近くまで車をつけてくれるため、足腰に自信のない高齢者も気軽に参加できるのが魅力です。四国八十八ヶ所霊場1番札所から88番札所を巡る全周コース以外にも、43番札所となる前半と後半に分けたコースも用意されています。歩きお遍路に関しては、行程を重視するので宿坊を利用することになりますが、ホテルなどの宿泊施設の予約も受け付けているので、1人での参加も安心です。ロープウェイなどの利用、観光スポットとして人気化している分、歩く距離も少なくなるツアーが組まれています。先達や添乗員が代参するなど、寺院に参拝できない障害を持つ方にも、もちろん向いています。

お遍路

参加前に持ち物を知っておこう

宿泊はもちろん、日帰りも可能で、全周や半周、逆方向からの四国八十八ヶ所巡りができるツアーが評価されています。ツアーに参加する場合、お遍路の旅に必要な準備もあり、事前に用意しておく物も少なくはありません。例えば、服装に決まりはないものの、白衣や輪袈娑、金剛杖で本格的な参拝ができますし、納経帳の用意も大事です。また、四国八十八ヶ所巡りは、気候も穏やかである春から初夏などで人気ですが、直射日光を避けるためにも菅笠、手甲や脚半なども用意しておきます。さらに各寺院に納める札は、事前に名前や住所、願い事などを記載しておく方が無難です。道中、お接待を受けることも少なくはなく、納札を差し出す時に手こずることもなくなります。また、お賽銭も両替できる可能性が少ないため、金額に決まりはないものの、5円や10円を用意しておきます。